​RAKUNESS PRO

横浜市港南台にあるフィットネスジム「ラクネス」から生まれた、アスリートのためのチーム「RAKUNESS PRO」。これまでのアスリートへのトレーニング指導から、従来のトレーニングだけでは、選手のリアルな「パフォーマンスアップ」につながっていないのではないか、という疑問を持ち、「トレーニングを教える」ではなく、「パフォーマンスを上げる」ためのチームを発足することになりました。この思いに賛同したメンバーたちとともに、目の前のアスリートの「パフォーマンスアップ」の手助けができるチームでありたいと思っています。

​RAKUNESS PRO理念

目の前のアスリートのパフォーマンスを上げるために大切なことは「理論」を確立することではないと思っています。RAKUNESS PROのメンバーは日々自分が持っている情報をアップデートし続けていますが、知識がどんなにたくさんあっても、アスリートのパフォーマンスアップのお手伝いはできないと思っています。人と人との関わり合いの中で、私たちトレーナーの仕事は、アスリートの身体的状況を理解し、その時その時の感情の状況も理解した上でコミュニケーションを図り、最適なトレーニングを提供することです。

そしてパフォーマンスアップをする上で欠かせない「技」の部分に関しては、トレーナーが身体的見地から指導をすることもありますが、細かな競技の技術指導にまで口を出すことはいいことばかりではないと考えています。ここがチームとして活動しようと思い立った重要な部分で、各競技、高いレベルでプレーしたアスリートにしかわからない感覚があり、「勉強」しただけの人間にはわからないリアルな部分があると思っています。代表の若林をトップとしたトレーナーたちがベースとなるトレーニングを指導し、そういったトレーニング指導を受け、自ら競技レベルを高めていったメンバーたちがそれぞれの競技の技術指導を行う流れを作っていきます。この「心」「技」「体」を信じる私たちメンバーで、目の前のアスリートのパフォーマンスアップのお手伝いをしていきます。

​RAKUNESS PROのトレーナー育成

RAKUNESS PROは次世代を担うトレーナー育成にも力を入れています。これまで、日頃行なっているトレーニングに疑問を持っている若いトレーナにたくさん出会ってきました。そういったトレーナーの受け皿となりたいと思っています。たくさんのアスリートが通う「ラクネス」でアスリート指導に携わり、このようなチームを作る必要性を感じました。同じ志を持ったメンバーは多いに越したことはありません。

しかし、このプログラムを修了すればいいトレーナーになれるという画期的なプログラムは残念ながら私たちは作り出せていません。それが「リアル」だと思っているからです。共にトレーニングをする中でお互い共感できる部分があればぜひチームに加わって欲しいと思っています。そこに資格や経験は関係ありません。

​そして、アスリートが競技人生を終えた後の受け皿としても機能するチームを真座していきます。同じ志を持って目標に向かったアスリートが、今度はアスリートを育てる側に回る。現役時代は安心してプレーに集中できる環境も整えます。

​代表 若林 孝誌
ラクネス代表
橋爪 脩祐
ラクネスチーフトレーナー
​前BCリーグ栃木ゴールデンブレーブス捕手
安田 裕希
ラクネストレーナー
​アメリカ・カナダなど海外の独立リーグなどでプレーする現役内野手
伊澤 秀憲
プロゴルファー
石塚 かれん
​レッスンプロ
 
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now